JMSA Health Care Lecture Series: Understanding Headaches with Dr. Hiroki Nariai

Written by JMSA. Posted in Educational

日本クラブ/米国日本人医師会共催 第36回ヘルスセミナー
 
「頭痛のはなし」
 
講師:成相 宏樹 先生
(アルバート・アインシュタイン医科大学、モンテフィオーレ・メディカルセンター 小児神経内科フェロー)
 
 

開催日: 2015617 () 6:30 - 8:30 pm

6:30 - 8:00 pm (講演会)  8:00 - 8:30 pm (懇親会)
場所: 日本クラブ 5F サクラルーム (日本クラブ 145 West 57th street, New York, NY 10019)
参加費 (軽食・ワイン、ソフトドリンク込み: 会員 10ドル / ゲスト・一般 15ドル
 
お申込みは、お問い合わせ:日本クラブ担当、内藤まで
(E-mailThis email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.  / TEL: 212-581-2223)
ウエブサイトは、http://www.nipponclub.org にて御覧下さい。
 
 
頭痛はとてもありふれた症状です。米国では頭痛の専門科(神経内科、小児神経科)受診への敷居は日本より高く、緊急でもないのにEmergency Department(救急診療部)を受診するのも気が引けるかも知れません。一言に頭痛と言っても、原因は様々です。命に関わる危険なものもあれば、いわゆる「頭痛持ちの頭痛」のような緊急性の低いものもあります。今回は、もし自分、もしくは周囲の人が頭痛を感じた時、どのように考え、対処したら良いのかをお話し頂きます。また、頭痛という病態の理解の歴史と、近年の医学診療・医学研究の進歩についても触れて頂きます。

講師プロフィール:        
 
成相  宏樹 (なりあい ひろき) 先生
 
慶應義塾大学医学部卒業。福岡県麻生飯塚病院にて初期臨床研修、慶應義塾大学病院にて小児科研修後、2009年に渡米。ミシガン小児病院神経生理フェローを修了後、現在アルバート・アインシュタイン医科大学、モンテフィオーレ・メディカルセンターにて小児神経内科フェロー。日米両国の臨床経験を生かし、米国における日本人コミュニティーへの貢献が期待されている。

Nippon Club 36th Health Seminar in cooperation with Japanese Medical Society of America
 
Understanding Headaches  
 
Lecturer:  Dr. Hiroki Nariai, M.D. (Albert Einstein Medical College, Montefiore Medical Center)
Date: June 17th  6:30 pm – 8:30 pm
Place:   Nippon Club 5Fl. Sakura Room
Fee:   Nippon Club Member $10 / Guest $15 (includes wine, soft drink & appetizer)
Please see details at: http://www.nipponclub.org
 
Dr. Hiroki Nariai will address causes of Headaches and how best to deal with them. There are many causes of headaches. Most headaches are of benign nature while other headaches may be more serious and require immediate attention. Dr. Nariai will also discuss treatment of headaches and what the typical symptoms are of the common types of headaches. Dr. Nariai hopes that those who attend the lecture will have a better understanding of the different kinds of headaches and how best to treat them.
 
( This seminar will be conducted mainly in Japanese)